家づくりのポイント

間取り

地元業者を選ぶメリット

良い家づくりは、良い施工業者選びからです。特に、京都など歴史ある場所で注文住宅を建てる際には、これは重要なポイントになります。それというのも、京都で「広さも形も住宅向きの土地」を探すのは、さほど簡単ではないからです。京都の市街地では、町屋に代表されるように、隙間なく密集した住宅地が多くあります。その中には、よく「ウナギの寝床」と表現される細長い土地、あるいは狭く特殊な形状をした土地に建つ家も多いのです。そうした状況の中で家を建てる、あるいは建て替えるとなると、一般的なハウスメーカーの規格住宅では対処しきれないことがあります。だからこその注文住宅ですから、そのメリットを十分に生かせなければ意味がありません。そのための、施工業者選びなのです。ですから、京都で注文住宅を建てるなら、地元で実績のある工務店を探すのがベストです。そうした業者は、京都の特性を理解し、豊富な知識も持っています。同時に、変形地や間口の狭い土地での家づくりのノウハウ、住宅の立て込んだ市街地での工事のテクニックも持っています。そのため、施主にとって最も面倒がなく、安心して施工を任せることができるのです。また、そうした地元密着型の工務店のもう一つのメリットとして、アフターケアの充実があります。注文住宅を作り終えた後も、メンテナンスやトラブルの対処など、末永く頼りにすることができるのです。京都で長く快適に暮らすために、信頼できる工務店選びが、家づくりの第一歩です。